Entry: main  << >>
交感ひろばコンサート
東京は、朝から大雨。
外に出るには、ちょっと憂鬱な天気だったけど、
心はウキウキ!

今日は、楽しみにしていたコンサート。

新宿の、スペース・ゼロで行われる「交感ひろば」
心のふれあいをテーマにして開催される演劇と音楽の舞台。
19日〜22日は、谷山浩子さんの歌をモチーフに創作された演劇「うさぎと猫の芝居小屋」
25日は、五つの赤い風船コンサート。

そして今日23日は、庄野真代さんと叶正子さんがメインの
「国境なき楽団ライブ」が開催された。

国境なき楽団は、音楽を通して心をつなぐプロジェクトや、
世界中の子どもたちに楽器を送るプロジェクトを行っているNPO法人。
今までに、マレーシア、ザンビア、バングラディシュ、インドネシアなどに
楽器を寄贈しているそうだ。
そして、そのほとんどが、各家庭で不要になった楽器。
部屋の片隅でホコリをかぶっているギターや、
押し入れの奥にひっそりと眠っているハーモニカやリコーダー。

どこの家にでもありそうな忘れられた楽器を集めて、子どもたちに送るのだ。

素晴らしい活動!
真代さんは、2000年に大学の人間環境学部で「かけがえのない地球」のため、
今自分たちがすべきことは何か・・・を学んだことから、活動をはじめたらしい。

素敵だな。
私も、大学か大学院に行きたいな。
思いがあるのに実行できていない自分に、ちょっと反省。

そんな思いがこめられたコンサート。

オープニングは、真代さんと正子さんのデュエットで、
ユーミンの『中央フリーウェイ』。

変わらぬ・・・いえ、パワーアップした素晴らしい歌声に身体が震える。

叶正子さんは、言わずと知れたサーカスのメインボーカル。
私のテレビデビュー『太郎の青春』の主題歌も唄ってくれていた。

実は、私が兄のように慕う茂村泰彦さんは、サーカスの初代メンバー。
その奥様が、プリザーブドフラワーの講師でもある美子ちゃん。
で、美子ちゃんは庄野真代さんの、もとマネージャー。

複雑なステキな関係で、今日のコンサートに招待していただいた。

真代さん、正子さん、そしてゲストの桑江知子さんが、
それぞれのデビュー曲やヒット曲を熱唱する。
私にとっても、そして客席のほとんどの人にとっても
忘れられない、心が踊る曲ばかり。

ステージの最後は、客席も一体となって『翼をください』を唄った。
唄いながら、なんだか分からない熱い涙が溢れてきた。

同世代の女性パワーは、計り知れないと改めて思う。
私たちの人生はこれからが花盛り。

交感ひろばコンサート

庄野真代さん、叶正子さん、桑江知子さん、私、美子ちゃん。
パワー溢れる、オトナ女子軍団。(*^^*)
| 石井めぐみ | 23:08 | - | - |