81年次稲門会
大学を卒業してから、はや30年。(>_<)

卒業以来、ほとんど縁のなかった早稲田だけど、
なぜか今年に入ってから、喚ばれることが多い。

舞台の稽古場が西早稲田。
まさに、私が通っていた校舎の隣だった。
ほぼ1ヶ月通う。

「大学院に進まないか」と、社会科学部の教授に声を掛けていただいた。
で、リーガロイヤルでいっしょにランチ。

昨日は、81年次稲門会のゲストとして招かれた。

早稲田はサークル活動も活発だが、同窓会も充実している。
あまりにも人数が多いため、それぞれの年次ごとに同窓会ができていて、
熱心な年回りは、毎年のように集まるらしい。
で、81年次って・・・・?

他人事のように思っていたのに、
昨日会場に行ったら、なんと私の卒業年次だったのだ。σ(^_^;)

ヤダ、恥ずかしい。
見れば、会場にはチラホラと知っている顔が・・・。(笑)


今回は、私の履歴や学生時代の思い出などを語ってほしいと言われたので、
大学時代に撮った映画のダイジェストや、写真を並べて作った動画を持参した。

この資料作りだけで、30年前にタイムスリップしちゃった私。
忙しくて忘れてることが多かったけど、
なかなか素敵な人生だったなぁ・・・なんて。

久しぶりに昔の写真を引っ張り出したので、ここで少しお披露目しちゃおう。

葉子3歳。
あ、葉子は私の本名です。(#^-^#)
葉子3歳

都立国立高校卒業式。
高校も大好きだったのよねー。
めぐみ高校生

だから、未だに国立から離れられない。

大学1年生。
早大シネ研タコスのメンバーと、長野へ合宿。
いちばん右にいるのは、室井滋。
大人っぽい・・・。
タコス

大学2年生。デビューする直前。
早稲田の大学新聞に載った写真。
めぐみ大学生

そして、芸能界へ。
デビュー作品は、松竹映画『夜叉ヶ池』。
篠田正浩監督が早稲田の先輩だったので、キャスティングしてくれたとか。
夜叉ヶ池

それから30数年後のワタシ。(笑)
やくさんと

この日は、やくみつるさんも来てくださって、学生時代の思い出話を。
「16号館ラウンジで、2,3分話しをしたんだよねー」って。

えーーーっ!?
そんなぁ、早く言ってくださいよ。
「とくダネ!」で会ったとき、「はじめましてー」なんて、
マヌケな挨拶しちゃったじゃないですか。

同窓会に行って楽しい話しができるって、実はとっても幸せなこと。
心の底から感じた、一日だった。

また、会いましょうね!
| 石井めぐみ | 18:07 | - | - |
外は雨・・・
東京は、朝から大雨。
雷も鳴り続けて、ちょっと恐いくらいの空模様。

大雨

部屋も薄暗いので電気を点けようか迷ったけど、
カーテンを全開して、雨の降りしきる外の景色を楽しむことにした。

窓をピッタリ閉めてしまうと雨の音も聞こえない。
矢のような雨粒が地面に向かって静かに打ち付ける。

今日は外出は無理かなぁ・・・。
明日はロケだし、穏やかに過ごしたい。

家で楽しめることをやり尽くそう。
まず、ごはん。

ブランチは、おととい仕入れた「青梅の玉子」で目玉焼きプレート。
青梅の玉子は、こだわりの「たまご倶楽部」さんの極上の玉子。
地域食材のお店「とれたの」で、週に1日だけ購入できる。

生でご飯に掛けるのがオススメなのだが、今日は贅沢に目玉焼き。

フライパンに落とすと、濃いオレンジ色の黄身がキュッと盛り上がる。
トロリ半生に仕上げて、大好きなシャウエッセンと共にいただく。
味付けはもちろん、太陽ケチャップとプチプチマスタード。(〃▽〃)
青梅の卵

口のなかに広がる、ほんのりした甘味とコク。
ネットリとするくらいの玉子の風味。
地元に美味しい食材があるのは、何よりの幸せ・・・。

デザートは・・・。

おはぎを買うつもりだったのに、思わず手が出てしまった「月寒あんぱん」
あんぱんと言っても、和菓子なんだけどね。
月寒あんぱん

「こしあん」「かぼちゃあん」「黒糖あん」の3種類入り。
北海道十勝産の小豆を使ったあんこが、素朴で懐かしくて、
ついつい食べてしまう逸品。
明治時代から作っているらしい。

お腹が満たされたところで、さて何をしよう。

とりあえず英語のお勉強かな。
単語は書けないし、熟語は忘れてるし、
もう、自分的にはかなりのショックで・・・。
しかたないので、中学一年生あたりからやり直し。

ロゼッタストーンと並行して、くもんのドリル。>(>_<)

道程は遠いようで・・・。
| 石井めぐみ | 12:27 | - | - |
Happyスイーツ講座
今日はkemi先生の「潜在能力アップワークショップ」と、
ハル先生の「Happyスイーツ講座」の2本立て。

お陰さまで、本日も満席のご予約です!(*^^*)

kemi先生の講座につきましては、チホリンのブログ
とても立派な詳細レポートがあるので、ご参照を。σ(^_^;)

美味しかったお弁当の写真だけは載せたいなぁ。

というわけで、コチラです。
なだ万

なだ万さんの「今月のお弁当」。
「軽食ですから、量が少なくてごめんなさいー」とkemi先生。

とんでもないですー。
むしろ、午後のスイーツが食べられなくなったらどうしよう!と懸念する私。
なのに、ペロっといただいてしまいました。
いや〜素晴らしい!

ご馳走さまでした。

1時間ほどの休憩を挟んで、いよいよハル先生の登場です。

実は先生、かなり早くからサロンにいらっしゃっていて、
キッチンで準備をしていました。

サービス精神が旺盛なのか、「美味しいものをたくさん教えたい!」と、
はりきって材料の買い出しにも行ってくださったようで、
「えっ!?家出ですかー」ってくらいの荷物を持ってのご出勤。(笑)

今日のメニューは、3品です。

1品めは、「ヨーグルトソースのサラダ」
今、韓国で人気のメニューなのだそうです。

作り方はかんたん!(スミマセン)
カットしたフルーツに、イチゴヨーグルトとマヨネーズを混ぜたソースを絡めるだけ。
そう、「イチゴヨーグルト」を使うところがミソなんです。
少し甘酸っぱい、それでいてフレッシュな香りの優しい味のソース。
リンゴ、バナナ、ピンクグレープフルーツに、ブルーベリー。
家で作るなら、自分の好きなフルーツをどんどん入れちゃいましょう!

あれ?
この味、どこかで食べたような・・・。

あっ!子どものころ、お母さんが作ってくれたお弁当のサラダ。
いつもヨーグルトドレッシングだったんだー。
リンゴとバナナが必ず入ったヤツ。

40年前にタイムスリップして、胸キュンな私でした。

2品めは、「ゆずゼリー入りアップルティー」

柚子茶をゼラチンで固めて冷やしたゼリーを角切りにして、
アップルティーを炭酸で割ったドリンクに浮かべます。
そこへ、リンゴとミントの葉っぱを飾ったら出来上がり!

爽やかで美味しいですーーーーー。
ゼラチンがお口の中で溶けるときに、シュワーってなるんですね。
はじめての感覚!
家で作ってみようっと。
ヨーグルト&ドリンク

そして、いよいよメインのスイーツ。
「ハル王子特製のパンケーキ」

市販のケーキミックスに、角切りアーモンドと生のブルーベリーと、
ココアパウダーを混ぜ込んで焼くパンケーキ。

牛乳と玉子を入れるのですが、
その玉子を卵黄と卵白に分けて、卵白をメレンゲにしてから混ぜ込みます。
サクッ、フワっとした仕上がりになるそうです。
(この辺りは、さすがプロの技!)

ホットプレートで焼いた生地に、好みのフルーツをトッピング。
そこへ、市販のアイスクリームとヨーグルトを混ぜて作った、
オリジナルのヨーグルトアイスクリームと、泡立てた生クリーム、
粉砂糖で飾ります。
さらに、一晩掛かって煮込んで来た、栗の甘露煮もトッピング。

なんて豪華な〜。
パンケーキ

出来上がったスイーツに、参加者のみなさんは写メの嵐!

あれ?
スイーツ撮ってるんじゃないの?

あぁ、王子を撮影してたんですねー。
うん。
たしかに被写体としてはいい感じの王子です。

私も、失礼して1枚・・・。
スイーツ王子

最後まで大盛り上がりのスイーツ講座。
後半は、kemi先生がホットプレートで華麗な焼き技を披露してくれました。

「これからは、私ハル先生の助手やるわ!」とkemi先生。
kemi助手

次は、韓国のドンブリものを紹介したいとハリきる王子。
あれ、それってスイーツでしたっけ?

まあ、いいか。
美味しくて楽しい講座なら、きっとみなさん喜んでくれますよねー。
| 石井めぐみ | 23:32 | - | - |
経済セミナー
今日はサロンの一周年記念ということで、経済セミナーを開催した。

講師には、なんと「伝説のトレーダー」藤巻健史さん。
実は、ウチの社長のJPモルガン時代の上司。
しかも、お仲人さんでもあるという素晴らしいご縁で、
20名ほどの細やかな会場で、贅沢なセミナーを開催する運びとなった。

参加費無料ということもあって、
事前の申込は、あっという間に満席に。

「私の席、あるかしらー」
「アナタは、トークショーのお相手でしょ!」

と言うわけで、光栄なことに、講演の後のトークショーに出演。

講演の内容は、国民みんなのいちばんの懸念、日本の行く末だ。

歯止めの効かない円高、株安。
輸出企業の減益。
膨れ上がる財政赤字。
混迷する政局。

日本は積み上がった借金を返すことができるのか?
落ちる一方の成長率を上げることができるのか?
デフレからの脱却はあり得るのか?

1時間のなかに、ギッシリと詰め込むように、
しかも随所にユーモアを交えながら、分かりやすく説明してくれた。
経済セミナー1

以前にお会いしたときの印象も同様だったが、
気さくでユーモラスで、とても素敵な方。
外銀のトレーダーは、気が荒く恐いものだと言う話を聞いたことがあったので、
ニコニコ笑いながら話をされる姿に、ちょっと感動。

トークショーでは、私自身が聞きたかったことを、
遠慮なく次々に聞かせていただいた。
経済セミナー2

打ち合わせなしのアドリブトークも絶妙で、
スタッフであることを忘れて、楽しくお話させていただくことができた。

なるほど、なるほど。
どんな状況になっても、危機管理の意識を持っていれば、
自分の生活は守れるってことですね。

藤巻さんの新刊「日本破綻」〜その日に備える資産防衛術〜は、
オススメの本。
サロンで用意したサイン本は、一瞬で売り切れた。(笑)

トークショーの後は、名刺交換会とお茶会。
お茶会のお菓子は、今日も敦子さんの手づくりだ。
チョコレートムースとバナナとカスタードのケーキ。
プリンムース。
こしあんと抹茶の葛まんじゅう。
美味しい最中は美子ちゃんの差し入れ。(ありがとー)
経済セミナー4

お客様にも大好評!
みっちゃん、ケーキ2個目だよー。モグモグ

藤巻さんは、某化粧品会社のN社長さんと、
リアル経済トーク。

女子たちは、オシャベリに花盛り。
手相診断コーナーまでできて大盛況!

今日は男性の参加者も多く、
Nさんは、なんと関西からのご参加。
嬉しいなぁー。
経済セミナー5

パーティーは、予定時間を過ぎても延々続き、
楽しい時間には終わりがないようで・・・。(笑)

藤巻さんは、次の予定「還暦同窓会」に出席されるそうで、
少し早めのお帰りです。

おっと、忘れちゃいけない、記念写真。
みっちゃんに撮っていただきました!
経済セミナー3

楽しかったなぁ。
参加者のみなさんの笑顔が嬉しかったなぁ。
イベントは準備もたいへんだけど、終わったあとの爽快感がタマラナイ。

スキルアップのための知識や教養を楽しく学ぶ。
サロンのコンセプトが実行できた。

今日は、きっと大成功!
| 石井めぐみ | 23:37 | - | - |
メディカルリンパケア
8月15日。
サロン「ラ・アンジェ」で佐藤青児先生の
「メディカルリンパケア」セミナーが開催された。

歯科医でもある佐藤先生が、顎関節症のリハビリケアから開発されたのが、
さとう式メディカルリンパケア。
耳たぶ回しと、リンパに沿って頬などを優しくなでるだけで、
お顔のリフトアップやウエスト、太もものサイズダウンが
簡単に瞬時にできちゃうという脅威の施術!

こんなこと書くと、どう考えても怪しい宣伝みたいでしょ。

スミマセン。
私もはじめは、ちょっと信じられませんでした。

「瞬時にリフトアップ」や「瞬時にサイズダウン」は、
タネがあるマジックでしかありえないじゃないですかー。

でもね。
すぐに満席になっちゃうインストラクターの木村友泉さんのセミナーや、
YouTubeの映像を見たら、どうしても自分で確かめたくなったんです。

佐藤先生にお願いして、ウチのサロンで開講していただきました。

そして当日・・・。

期待で盛り上がる参加者さんたちの前で、
最初はリンパの構造やメディカルリンパケアの理論のお話。
サトウ先生

それにしても先生、カッコ良過ぎるでしょ。
講義はiPhone4使ってるし。(笑)

で、すぐに実践講座に。
リフトアップ篇は、ラ・アンジェのブログに載せたので、
その衝撃の結果をご覧ください。ヽ(*'0'*)ツ

参加者全員に、次々と脅威の施術を行います。
リフトアップはもちろん、肩凝り、腰痛、頭痛がどんどん治っちゃう。
あ、治っちゃうって表現は、いけないのかしら?
でも、あきらかに治っていたんだもの。

昼食後の休憩中、
「めぐみさんのケアしちゃいましょうか」の嬉しいお言葉が!

さっそくベッドへ。
(あ、kemi先生、陽子ちゃん、ベッドお借りしました。
ありがとうございますm(_ _)m)
リンパケア

まず、口や頬を緩めて、それから肩へ。
リンパケアは上から順番に行うのが重要。

「あ、骨盤が歪んでますねー」
はい。
たぶんそうだと思ってました。
骨盤の歪みがあると下半身が痩せられないらしい。

足の付け根の筋肉を緩めて、呼吸に合わせて2分ほどのケア。
これで、歪みは治っちゃいました。

「ついでにウエストダウン、やってみますか?」

うわー!
やりたい!やりたい!

今度は、インストラクターの友泉さんが私のお腹を優しく擦る。
鼻から息を吸って・・・。
止めてお腹に力を入れる。
4秒。
吐きながらお腹の力を抜いて行く。
私がやるのは、これだけ。

4セットやったところで、確認してみると・・・。
ブカブカジーンズ

キャーーーーーーーッ。
ジーンズがユルユルに!
グーにした手も入っちゃいます。(笑)
ユルユル

お昼ご飯食べたばかりでキツキツだったんですよ、ウエスト。
3センチ以上細くなったんじゃないかしら〜。σ(^_^;)

この後、ヒップアップや足の浮腫みまで取っていただいて、
最後に起き上がって顔を確認。
リフトアップ

お、なんだかアゴから頬にかけてシャープになっているような・・・。

これ、とんでもなくスゴイんじゃありませんかー。
もっともっと知りたいです。

ウチのサロンでもレギュラーでやって欲しいなぁ。

最後に「魔女たちの22時」の美魔女、木村友泉さんとツーショット。
なんと同い年。
(合わせて100歳〜のヤジが飛んでましたが、102歳が正解です)>笑
友泉&めぐみ

美魔女のスタイルはさすがです。
今日来てくれたインストラクターの、あきよさんと美貴子さんも、
極上スタイルの美女。

う〜〜〜ん。
リンパケアすると、みんなこんなになっちゃうわけー?

セルフケアを続けることを心に誓うワタシでした!
ポッ




| 石井めぐみ | 13:20 | - | - |
何かが居る・・・
友人のブログを読んでいて、思いだした話がある。

それはもう30年も昔のこと。
あるテレビ番組のロケを、九州のM県で行ったときの出来事だ。

こんな仕事をしていると、地方に泊まる機会が多い。
なかには、恐ろしい噂のある宿に泊まったり、
実際に、身の毛もよだつ体験をしたり・・・ということも少なくない。

あの日も、ホテルに入った瞬間に感じた。
「ここには、何かが居る・・・」

ただ、40名を超えるロケ隊を受容れてくれる宿は多くない。
山の中の一軒宿だったそのホテルが、4日間もの宿泊を認めてくれたのは、
奇蹟に近いことだったのかもしれない。

地方ロケは体力勝負。
一日中陽の光を浴びながら走り回る、過酷な仕事だ。
撮影を終えて遅い夕食を摂り部屋に戻ると、クラクラするような眠気に襲われる。
なんとかシャワーを浴びて、倒れ込むよようにベッドに横たわった。

クラシックな洋館のようなホテルの部屋は、
私が一人で寝るには広過ぎる10畳ほどの洋室。
電気を消すと、ガランとした部屋のなかに、またアレを感じた。
「何かが居る・・・」

それでも疲れ切っていた私は、いつの間にか眠りに落ちていた。

どれほどの時間が経ったのだろうか。
どこからか、コンコンと何かを叩く音がする。

コンコン。

コンコン。

窓の外だ。

耳を澄ますと、はっきりと聞こえてきた。
コンコン、コンコン。

だが窓の外は真っ暗な森のはず。
人が立ち入れるような場所ではない。

恐ろしくなり、布団を被って息を潜めた。

コンコン。

コンコン

ドンドン。

音が大きくなった。
まるで乱暴にノックをするように窓を叩いている。

眠れない!
このままでは、明日の仕事にも差し支える

思い切ってベッドを抜け出し、部屋の灯を消したまま、
そろりそろりと窓辺に近づいた。

分厚いカーテンを一気に開ける。

そこで私は信じられない光景を目の当たりにした!

2頭のシカの、大きな頭が目の前にあったのだ。

驚いて固まっている私に向かって、1頭がその長い角を突き出した。
コンコン。
ノックをするように、窓ガラスを叩く。

えっ・・・・・。
えーーーーーーーーーーっ!?

シカの角だったの???

よく見ると、他にも5、6頭のシカが森のなかに居る。
明けはじめた空は曙色に輝き、森にはうっすらと靄がかかっていた。

M県のEホテルでの出来事。
芸能生活が長いと、いろんなことを経験する・・・。
| 石井めぐみ | 20:45 | - | - |
眠れない夜・・・
台風の影響なのか、風の音が絶え間ない。
寝室の窓ガラスに当たる木の葉の音。
ベランダで何かが転がる音。

眠れない夜は、暗闇のなかで物音ばかりが冴え渡る。

4時15分。
諦めて、ベッドを抜け出した。

パソコン部屋の灯をつけて、しばしMacと戯れる。

外がうっすらと明るくなってきた。
日の出時刻は5時前だから、そろそろかしら・・・。

カーテンを開けると、空がパステルカラーに染まりはじめていた。

ベランダに出て見渡すと、東の空がオレンジ色に輝いている。
朝焼け・1

視線を南側に移すと、サーモンピンクの朝焼け。
朝焼け・2

ああ、これが曙色と言うのね。

眠れなくてちょっぴり辛かった夜が、Happyな朝に変わった。

今日も素敵な一日になりそう・・・。
| 石井めぐみ | 13:41 | - | - |
せいせき多摩川花火大会
今日、8月10日は「せいせき多摩川花火大会」の開催日。
毎年、8月の1週目か2週目の火曜日に開催されている。

なぜ火曜日かって?

それは・・・たぶん。
主催者が聖蹟桜ヶ丘の商店街で、定休日が火曜日の店が多いって、
ことじゃないかしら・・・。σ(^_^;)

まあ、夏休みだしお盆の時期だし、平日の開催でも人出は多い。
打ち上げ場所の一ノ宮公園周辺は、車が動けなくなるほどの大混雑になる。
もちろん、観覧場所の多摩川も人でいっぱいで、
有料席でも買わなければ、ゆっくり座って見ることなどできない感じ。

ところが・・・。
この花火大会を、ゆっくりのんびり、ビールとおつまみ付で楽しめる場所がある。

ジャーン!!!
うちのベランダなのだ。\(^O^)/

南向きのベランダは、真正面に花火が見える特等席!
ふだんは全く使わないイスとテーブルも、この日ばかりは大活躍。

アルコールを全く受付けない私は、
オールフリーと、枝豆とポテチとクリームチーズを用意して、
優雅に花火鑑賞・・・。

う〜〜〜〜ん。
少し雲が多いので、今年はイマイチでしょうか。
花火3

おっと。
ハート型の花火。
花火2
でも、逆さまだよね・・・。σ(^_^;)

花火を撮るのは、やっぱり難しいなぁ。
でも、美しいものは残しておきたいよね。
花火1

今日は新月。

月のない空に、大輪の花火が咲き乱れた。

今年も無事に花火を見ることができた。
この細やかな幸せを、たいせつにしたい。
この城を、ずっとずっと守りたい。

頑張るぞー。(o>▽<)o
| 石井めぐみ | 23:42 | - | - |
舞台を終えて・・・
「愛と不安の夏」公演が、無事に千秋楽を迎えた。
大きな失敗も事故もなく、舞台を終えられたのは感無量。

1ヶ月半に渡る稽古と、俳優座劇場での本番。
私にとっては何もかも初めての経験で、楽しくもあり、荷も重かった。

それでも、なんとか務めを果たせたのは、
夜想会の仲間たちの協力や、野伏監督の温かい見守りのおかげ。
身体のアチコチに痣ができたこと以外は、
すべて楽しい思い出ばかりだった。

俳優さんたちが舞台にハマる理由が判ったような気がする。
仲間たちと協力しながら創り上げる一つの物語は、
日常とは懸け離れたものながら、むしろ日常を凝縮したような、
人間同士の深い繋がりを生み出してゆく。

舞台の中の家族は、いつの間にか血の繋がりを感じさせるほど愛しくなる。
労りあい、励ましあって過ごした時間は、
かんたんには切れそうにない、深い縁を結んで行く。

素晴らしい経験だった。

みんな、どうもありがとう。

箕方家の家族。
龍男役の山田健太クン。沙依子役の神川真里ちゃん。
星組家族

いろんな思い出ができたよね。
楽し過ぎて、本番中にほんとうに笑ってしまったこともあったよね。

被爆のメイクと傷。
被爆

デコちゃんが作ってくれたリアルな傷のお陰で、
プロローグのシーンが輝いた。
本気でカタチを作ったから、気持ちが高揚したんだよね。
傷をつけ、被爆メイクをしていると、手が震えてくることもある。
役にのめり込むには、カタチも大事。

千秋楽を終えて、燃え尽きたようになっているのは、
きっと私だけじゃないんだろうな。
カーテンコールの幕が閉じた瞬間、みんな泣いてたもんね。

そして、緊張と不安で押し潰されそうだった私を癒してくれたのが、
みんなから頂いた、ロビーのお花。
お花

毎朝一番でこの花を見て、みんなの思いを胸に刻んで舞台に立った。
応援してくれている友人たちの気持ちが、未熟な私を支えた。

ほんとうに、ほんとうにありがとう。

そして今日の打ち上げ・・・。

お酒が飲めない私は、ウーロン茶で酔っぱらってしまった。(笑)
監督の言葉が嬉しくて・・・。
みんなの優しさが気持ち良くて・・・。

酔っぱらった勢いで、ハイチーズ!
野伏監督と、私と、カタリーナ役の辺見のりこちゃん。
打ち上げ

のりこちゃんは、オンナの子なのにめちゃめちゃカッコイイ!
新撰組の舞台では、沖田総司役。
イケメン二人(?)に囲まれて、上機嫌のポーズでした。(*^^*)
| 石井めぐみ | 22:42 | - | - |
舞台3日目
「愛と不安の夏」公演も、3日目の折り返し地点へ。

28日が満席。
昨日は少し空席もあったけど、今日30日の夜公演は、
お陰さまで満席になっていた。

演じているときには余裕がないけれど、
カーテンコールで客席がいっぱいになっているのを見ると、胸が熱くなる。

舞台化粧でボロボロになった顔も、
床に打ち付けてできたヒザや腰のアザも、
両面テープの貼りすぎで被れてしまった肌も、

何もかも、報われた気がする。

これが、舞台の醍醐味なのかなぁ・・・。

終演後のロビーでの挨拶も、嬉しいひととき。
観にきてくれた方々と、抱きあい、歓談し、心を癒す。

今日は、映画「Coach」の仲間が来てくれた。
コーチ

室希太郎監督。
プロスケーターの西田美和ちゃん、
私の娘を演じてくれた、松村純子ちゃん。

別の場所で会えるのは、また嬉しいもの。

明日は、誰と出会えるかなぁ・・・。
| 石井めぐみ | 23:47 | - | - |
Page: 3/15  << >>